スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
アメブロへお引っ越し
 今朝、通勤の中央線から
武蔵境から三鷹にかけて、
富士山が見えました。

(・・・見えた気がする。
あれは富士山の形だった・・・と思う)

冬にはよく見えるんです。
でも、この猛暑の夏に富士山といのは
結構珍しいと思うのですよ。

昨日の夜、結構風が吹いていたから、
もしかしたら、空気が入れ替わって
きれいな朝の空だったのかもしれません。

いずれにしても、富士山が見えるだけで
ちょっと朝から得をした気分になります。

やっぱり、富士山って、特別な山だなと思います。

さて、このブログ。
3年前からちまちまと書き続けてきましたが、
ウェブ担当のキタガワくんから
アメブロにお引っ越しするよう
「命令」がやってきました。

慣れた習慣を改めるのは、骨が折れるもの。

でもでも、何と言っても、私。
人生で16回の引っ越し経験あり。

ブログのお引っ越しくらい、なんのその♪
たいていのことには前向きなのです。

ということで、
今日からアメブロにお引っ越しすることとなりました。

「ほーりー日記」
http://ameblo.jp/proactivejapan/

もしも、もしも、お気に入りに入れていただいている
奇特な方がいらしたら、お手数ですが
このURLに変更しておいてください。

よろしくお願いいたします。

| ほーりー | - | 15:02 | comments(22) | trackbacks(0) |
いきいきショールーム
今日は、神楽坂にある「いきいきショールーム」で
竹布のお話会。

午前と午後、2回にわたり、開発者の相田社長を
お迎えして、じっくり「竹布誕生ものがたり」を
語っていただきました。

連日の猛暑。
当日になって体調がすぐれずキャンセルの方もいらしたので
少人数でのお話会となりましたが、
不思議なことで、人数が少ないと、
それはそれで、その方向けの「深い」話ができるので
竹布がなぜ今、私達に必要なのかがよく理解できた
いいお話会になりました。

参加者の中のおひとり。
数年前から、お肌がとても敏感になってしまい、
日光にも、化学物質にも、静電気でも、
身につける繊維の摩擦にも、
かぶれてしまうのだそう。

着られるものがない!

やっと見つけた着られるものを
着たきりすずめのように着続けるので
おしゃれ心は、どこかに蓋をして
置き去りにせざるを得ない、というような状況。

その方が、竹布の綿に触り、ガーゼに触れ、
Tシャツを手にして、
「こんな繊維があったんですね」と
しみじみ、安堵の表情を浮かべられたのを見て
じ〜んとしてしまいました。

一番デリケートな首元に
カラフルな和布を巻いてみると
顔色がぱっと明るくなり、
気持ちまで明るくなったみたい。

「これなら、おしゃれできるわね」と
3色お求めになられました。

もう、これしかない!

とすがるような思いで竹布に助けを求めに
いらっしゃる人がいる、というのを
今日は目の当たりにして、
竹布の本来の役割を再確認。

私も、お届けする人として、
襟を正す思いでした。


t 
| ほーりー | 竹布 | 19:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
竹布アウトレットコーナー誕生

今日は、元プロアクのスタッフ、山田さん
(プロアク時代のニックネームは厚揚げあっこちゃん♪)が
暑い中、アイスクリームの差し入れを持って
遊びに来てくれました。

山田さんとは下の子の幼稚園が同じ、ママ友同士。
私がプロアクに入ったのも山田さんの紹介。
もうなが〜いお付き合いなのです。

山田さんは子育て、ご主人のご両親の在宅介護、
それに、PTAにパート。
超ウルトラ忙しい主婦。
なのに、いっつもいつも、やさしい笑顔を絶やさず
いつもいっつも、甘いおやつを持ってきてくれるので(笑)
みんな、みんなダーイスキなんです。

その山田さん、もちろん、竹布の大大大ファン。

今日は、ショールームを覗いて、さっそく
新しいコーナーに気がつきました。

「竹布アウトレットコーナー」です。



たとえば・・・・、
製造中止になった商品で
色やサイズが不ぞろいでHPやDMで案内できなくなったものとか、
撮影見本で開封したけれど、未使用なもの、とか、
大勢の方にはご案内できないけれど、
プロアクのショールームに来ていただいたかたに
「訳あり」の理由をご理解いただいた上で
かなりお安くお分けするコーナーです。

山田さんは、商品切り替えでデッドストックになっていた
旧竹布ソックスをゲットしてお帰りでした。

「売れ残り」ではなくて、「まだ行き先が決まっていないだけの娘」たち。
アウトレットコーナーに眠る竹布姫たちは、
嫁ぎ先をじっと待っています。

プロアクに遊びにいらしたら、ちょっと
アウトレットコーナーを覗いてみてくださいね。

運命の出会いがあったりして♪ねっ。






 ★ 竹布など ★
(プロ・アクティブの商品たち)
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://ima-coco.jp/





 

| ほーりー | 竹布 | 16:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
中野裕弓さん
今日は「ふくふく」編集部の取材のお伴で
中野裕弓さんのお宅訪問。

中野裕弓さんのこと、私は「ろみさん」と呼んでいます。
「ろみ」って音がとても丸くって女性っぽくて
かわいい響きですよね。

「音」や「響き」って感性を刺激しますね。
ろみさんって呼ぶ方が、中野さんの女性らしさが
より自分の中でイメージできます。

人のコミュニケーションでは、
目からの情報が6割。
耳からが3割。
残りが話の内容。

そうろみさんに教わりました。

だから、人と会う時、洋服やお化粧、
それに話し方や話す声って
とっても大切だとも。

ろみさんにお会いすると、いつも、その美しい声と
話し方に、見習いたいな〜と思うのです。

(続かないんだけれど)

そのろみさん。

前にもブログで御紹介しましたが
波動スピーカーのご愛用者さん。

リビングボードのど真ん中に波動スピーカーと
寄木のアンプが置いてありました。

家は、気にいった物を置き、空間を整えることで
「ヒーリングスポット」になるというろみさん。

原稿の執筆中も意識の邪魔にならない
耳にやさしい、ストレスにならない音を奏でる
波動スピーカーは、家の空気、空間を整える
「空気清浄機」のようだとお話でした。

この取材の模様、詳しくは「ふくふく」10月号を
楽しみにしましょう。


取材の後は、ろみさんが手作りしてくださった
(私達のために朝から用意してくださったとのこと!)
冷たいデザートをいただきました。

名前、聞いたけど、覚えられなかったのですが(泣)。
ろみさんがイギリス留学中に覚えたという、
カスタード味のとっても美味しいデザートでした。


 

↑  素敵なリビングで、「ふくふく」の編集部の方たちと。

取材の後は、ろみさんご自慢のお庭拝見。  ↓



夏の花が、花盛り♪




| ほーりー | 波動スピーカー | 18:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スキンケア教室
今日は、ムーンピーチのスキンケア教室。

ユーザーのお客様とプロアク女性スタッフで
開発者のうすき友美さんから、
サーキュレイトオイルを使ったマッサージ&クレンジングを
教えていただきました。



もともと、ムーンピーチ化粧品は
化粧水とクリームの二種だけでした。
クレンジングの重要性を感じていたうすきさんは
究極のクレンジングオイルを作ろうと開発。

その開発の途中で気付いたことが
良質のオイルは、メイクや皮脂の汚れは
浮かび上がらせてなじませとってくれるけれど
肌に必要な皮脂までは取り去らない。

自然界に生きる動物としての人間の肌は
本来、そういった、自分に必要なものは保持しつつ
いらないものは排出する仕組みができていたはず。

天然素材の界面活性剤を使わない、
良質なオイルは、その自然のメカニズムに
のっとって、肌を耕しつつ、汚れを取ってくれます。

そう!究極のクレンジングオイルは
究極の美容オイルだということに気づいたのだそう。

だから、ムーンピーチのスキンケアは
サーキュレイトオイルでのクレンジングが「肝」なのです。

まずは、「引き算」からですね。


 
 ↑
これは、オイルですっピンになったもっち。
最後の仕上げに冷やした竹布のタオルハンカチで収斂中。

月桃の香りと竹布のやさしさと、
マッサージですっきりした肌で、
すっかり、すっかりゆで卵みたいな赤ちゃん!


ムーンピーチ化粧品など
プロ・アクティブの商品たちは こちら
   ↓    ↓ 
http://ima-coco.jp/
   
 
| ほーりー | 商品勉強会 | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
20周年の食事会
 昨日の夜は、プロアク20周年のお食事会。

20年を支えてくださった
商品を作ってくださっているメーカーさん、
業務を外部委託をしているパートナーさん、
お世話になった方たち、
スタッフと、スタッフを支えてくれている家族。
それに、経営者であるガッツさんとそのご家族。

そこにいらっしゃる、一人ひとりにハグをして
感謝をささげたい気持ちになった、
そんな食事会でした。

いま、ここにあること。

ひとも、商品も、会社も、「今ここ」に「ある」ことだけで
文字通り「有り難い」ことです。

昨日は、写真が全然撮れてません。
準備から、片付けまで、目いっぱい、動いていたので
カメラの存在を忘れてました。

で、たった一枚、最後に撮れたのがこれ。



プロアク伝統の「花道」。

パーティのお開き、みなさんをお送りする所です。
| ほーりー | 会社のこと | 12:01 | comments(2) | trackbacks(0) |